男の人

寺下史郎が提唱する理念|企業と株主との関係を考える

新人を育てる方法

スーツの男女

新年度が始まって新しい新入社員が多く入社してきました。新人が会社に入ると先輩社員や上司から社員教育を受けますが、方法によっては新人のやる気や向上心を積んでしまうことになるので社員教育のコツや心構えを覚えておきましょう。まず新入社員教育をするときは教えながら自分自身もスキルアップすることが大切です。新人を指導しながら改めて業務内容や仕事のやり方などを再認識すれば、日頃の自分の就業態度を客観的に知ることができます。また、企業が行なう新入社員教育では、具体的な指導内容を考えることも大切です。新人はまだ右も左もわからないばかりか一般的な社会常識もしっかり身についていません。そんな中で漠然とした指導を行なっても業務内容は頭のなかに入ってきません。そこで事前にマニュアルを作成しておいて、段階別で出来る仕事を割り振ってあげましょう。マニュアルを見てもよく分からないことがあれば丁寧に指導します。そうすれば新人も教育を行なう側も問題点をしっかり見極めることができるでしょう。そして新人の社員教育で特に重要なことがコミュニケーションを取ることです。新人が入ってくるとチーム全体の意識が変わってきますが、身近にいる先輩や上司が適度にコミュニケーションをはかれば安心しながら仕事ができます。新入社員教育の方法は企業ごとに違ってきますが、ポイントを抑えることでちゃんと伝えることができます。また仕事だけではなく社会のマナーも同時に教えることを心がければ、数年の間に立派な社員へと成長するでしょう。

Copyright© 2016 寺下史郎が提唱する理念|企業と株主との関係を考える All Rights Reserved.