男の人

寺下史郎が提唱する理念|企業と株主との関係を考える

スキルを向上させる

握手する男女

企業が経営活動をしていく上で営業は重要な部署です。対人スキルや話術、体力や精神力などが必要になる仕事で定期的に研修を行いながらスキルアップをさせていくべきです。営業の研修を行なう場合はあらかじめ営業活動をしていく際の悩みや課題などを整理しておいて、課題解決に向けた研修をしましょう。また、企業で営業の研修をするときに外部から講師を招いたりコンサルティングをしている会社に依頼します。このような研修専門の企業に研修を依頼すれば、目的や営業スキルに合わせてオーダーメイドでプログラムを組んでくれます。営業の課題を解決するために一ヶ月間隔でプログラムが作成され、課題設定をしながらスキルアップをしていきます。その後次回の営業の研修の際に課題をしっかり解決できたのかを報告し、成果を出すまでの経過など検証していくので研修で学んだことを身に付けることができるのです。営業スキルを上げるための研修を企業内で行なうのなら内容を正しく理解して、実践できるように心がけましょう。また、営業の研修には様々な種類があります。新しい顧客を増やすためのプレゼンテーションやアプローチの技術を習得する講習や、コミュニケーション能力や交渉テクニックを向上させてルート営業のスキルを上げる講習などがあります。そして一般の営業社員だけでなくマネージャーや新人向けの研修があるので、どのような目的で社員に講習を受けさせるのかを明確にしておき、会社の利益に繋がる有益な研修になるように努めましょう。

Copyright© 2016 寺下史郎が提唱する理念|企業と株主との関係を考える All Rights Reserved.